- ;����}}�1�s��K&��q�~�۰e9���=܎�e����!x�㓽5�z���k�B��+{�ٞ��Ƕ����g���}�/�-���ޏ����5�2~�)ܷaqX�!�9\V�p��L��e��Η��!��� w� �CI_�z���j;��ܢ\Փ�\O1S�N�$א�F�Z� 0000008129 00000 n x���ˮ���z��t��d��7@�\'+�Y;�#�H^���������$��.��uc{��W���O������7�O?�{|�t����7���/?�{|fL|x��ͧ+��7?��������/? 0000000724 00000 n 0000001517 00000 n

%PDF-1.4 %���� ?1H(� eч��8)R�!��}g��T$�N�a�L��q�w���x �sdXY���U�!��)P-oA�����(S^!Z^���>|(ϋ/��}5(�z��Ouq��t�Vm]�T�|��l�����޾;��öi��_��fҎ�����o������aP���I�7��N�X����j������s�����:�0�頺�(g��Ѱ=}/��iN�H"p��N�A�'��h�5�|���wxt|r�������F�]s����n�uq�V��7��J�������m}�;k�� ��۸yhG�⏩��p�.���ڐ�T:�BE[��j���Xf*d 0000005196 00000 n 7�꨺�6n��������������u˷�]3����}|�v�W~�WhͲ�xj�+�l��]�d�"��*��A�G�S���vr�]�M�/'��v�m�&nm�%��[s�� ここでは対地球主義思想の説明と、基本的人権の成り立ちを説明して行こうと思っています。固定概念、既成事実を根拠と秩序を伴って再構築しようと言う試みです。 私が見いだした「対地球主義思想」が新しいコモン・センスを我々にもたらしてくれる事でしょう。, 「戦争の経済効果」と言われるといぶかしく思う方もいるかと思いますが、現実的には戦争は特需を生みます。戦争の規模が大きければ大きいほどその経済効果は計り知れません。とても大きな需要を生むからです。これはデフレ対策にはもってこいでしょうし、戦争は主に消費が基本ですから、とても大きなパイを生むことにもなります。物資が無ければ戦争も勝てませんから。, しかし、ここには条件が付きます。「戦争の当事国でない事」ということです。当事国だったら戦費がかさみ、負けたら経済どころの騒ぎではありません。下手したら軍事占領されてしまう可能性もありますからね。社会インフラもすべて無くなってしまい、その国はしばらく立ち直れない可能性も出てきます。, さて、歴史的に戦争は経済と密接にからんでいます。古くは貧しい国が富める国に武力侵攻して、その富を奪う事も一種の経済原理ですし、富める国が周りの弱い国を軍事占領して植民地化するのも一種の経済活動です。その国の資源を奪ったり、人々を労働に使ったり、要するにパイを増やそうとする結果でもあります。, 農業は土地からの生産が利益につながりますが、国土は限られています。同じ土地に何人も相続者がいると土地が細分化されて、結果的に生産性が落ちてしまいますから、一人が相続して、他の相続者は何か別のことをするか、手伝いをするしかありません。また、大地主が現れ大規模経営化されると合理化が進む為人があぶれる結果にもなりますし、富が分配されるよりも地主に集中しがちになります。それにより、農業からはなれて別の職を得ようとして土地からはなれていく事もあります。それらの人は大体都市部に流れますが(職がありそうだから)、誰もが同じ様に考える為に人口過剰になり都市部でも仕事にあぶれれてしまうのです。都市部でもパイの大きさには限度があるからですし、都市部に流れ込む人達は大抵元手が無いからです。無いからこそ都市部に働き口を求めにいくのですから、結局収容し切れないということです。, それらの人々は大体は若い労働力であり、その有り余る力を仕事として発揮できないと、容易に社会問題化することになるので、その若い人間の行き場、職場が求められるわけです。失業者問題は昔からあるのですね。, そして、古代から大抵これらの人々は戦場に行くことを選びました。戦場には人手がいつも必要だったからです。傭兵に入る人もいれば、国家がそれらの人々を雇う場合もありました。, そこで雇用が出きていたわけですが、戦争はいつか終わります。兵士がいればいるほど終わるのも早くなるわけですが、終われば終わったで雇用が失われるわけですからまた失業する事になります。しかし、そこで失業した人間はただの人間ではなく戦争を生き抜いた戦士な訳で、戦争を指揮した側もおいそれと解雇するわけには行きません。殺されてしまう可能性があるからです。すると、解決策としてまた戦争が行なわれるという循環が続く事になります。, それが終わるのは、戦争に負けたときか、兵士の側がもうこれ以上したくないと思うときしかありません。兵士が働かなければ、戦争を指揮しようにも出来ないのですから、それは道理といえます。, アレクサンダー大王がインドに到達できなかったのも、徳川家康が秀吉の様に外国に攻めなかったのも、根本的にはこの原理が働いているのです。家康は国内において戦士(武士)を官僚化することで、働き口を確保した上で身分制度を固定化、明確化することで雇用自体を絞りこの問題を解決しました。古代ローマでは帝国化して領土が定まってくるにつれ、防衛線を守る存在として開拓民兼駐屯兵として侵略戦争を減少させ定住化することをうながしつつこの問題を解決しようとしました。そして、絶えず侵略してくる北のゲルマン民族とまた、東のオリエントの帝国と対峙しながら長い平和を作り上げました。江戸時代は別としても、絶えず、戦争が起きているのは雇用の面から見たら必要な事ではあるのです。領土を定めるという事はそのバランスを取るという意味でもあるのでしょう。, そして、この問題の根本的な要素として、平和になると人口が増える為にやしなえなくなる、故にパイを増やそうとするところにもあります。日本は日本列島で自給自足の道を選んだ為、その土地以上の人口は自然に増えない為均衡し、また間引きなどによって人工を調節しましたが、現代ではそんな事は出来ません。現代では貿易やサービスといったものでパイを広げて、雇用を創出しています。IT産業など仮想空間まで使ってパイを広げて、経済のパイを大きくしつつ成長をしているのです。金融工学が開発されたのもその流れです。現実ではない取引が行なわれるのも、仮想世界ならいくらでもパイを作れる事が出来るという価値観から導かれているのです。また、炭素税なるものもこれにあたります。, しかし、今は飽和状態になってしまいました。パイには皆が飛びつくので、すぐに食い尽くされてしまうからです。さらに、その速度が速ければ早いほどバブルが起こり、バブルは長く続きませんから、やがて崩壊しデフレが始まってしまいます。そうすると、失業者がまた出るという問題が出来てしまいます。, そして、それを解決する為に戦争と言う手段が使われることもあるのです。あるいは、革命が起こり、既存の裕福な階級から貧しい階級がのっとりを行う事でそれを納めてしまう方法がとられることもあります。パイを食べる方を少なくするというやり方で、自分達のパイを増やそうとするのですね。まあ、どちらも自分達のパイを増やそうとする考えには変わりありませんし、他者のパイを奪うという事も同じです。, 現状は世界的にデフレが進んでいるので、この原理が働く可能性が高いといえます。非常に危険な状態です。まさか戦争が起こるとは思っていなくても、そのまさかが起こってしまうのが人間の歴史でもあるのですから。これからは注意深く見守っていかなければならないでしょう。, さて、前置きはこのくらいにして(随分長いのですがw)、私はこの状態を打破する為に「戦争」をする事を提案したいと思います。, と思った方がいると思いますが、少し落ち着いて聞いて下さい。私が提案する戦争とは「人対人」の戦争ではなく「人対地球」の戦争です。, 我々人類は生まれて以来ずっと地球と戦ってきたのです。地震がきても、津波が来ても、台風が来ても、氷河期が来ても、火山が噴火しても、ずっと、この自然環境と対峙し、常に尽力してきました。, それがあるから今があるのです。もう、すでに私達人類は地球と戦争をしてきているのです。, これからはそれを意識して、もっと大掛かりに、地球規模で行う事が求められているのではないでしょうか?環境問題に関心が高くなってきましたし、地球規模で物事を考えられる人も増えてきました。もはや人類は地球に対してその様な存在になっているのです。地球の外側に出た初めての地球由来の生命体でもあるのですから。そこを自覚して、これからは意識的に積極的に地球と戦っていくべきでしょう。, もちろん、これは「戦争」です。と言う事は、雇用も生まれるという事です。歴史上もっとも大掛かりな世界大戦ですからね。, 当然、世界各国が戦争の当事国となるでしょう。しかし、この戦争では人は死にません。むしろ、助ける事、生きることにつながります。そして、当事国だからと言って儲からないという事はありません。むしろ、当事国だからこそ儲ける事もできるでしょう。参戦しない方が損するともいえます。, 技術、資本、人材をフル稼働させなければ、地球に負けてしまいます。この戦争は勝つための戦争ではなく、負けない為の自衛戦争なのです。自衛隊の本領発揮でしょう。侵略する国などどこにも無いのですし。, 砂漠は広がる一方ですし、人間が作ってきた側面もありますし、何しろ広大にあります。いまや手付かずのフロンティアでしょう。緑化された砂漠から食料が取れるでしょうし、砂漠でエネルギーを作ることもできます。太陽エネルギーを使った発電方法はいくらでもあります。マグネシウム燃料電池などは有望かもしれません。, この戦争で宇宙からはっきりと見える人工の緑(ペンキで塗った緑ではなく)を造り上げるのです。水は海水が豊富にありますし、それは循環して最終的に海に戻るでしょう。, このプロジェクトに一体何年かかるか分かりませんが、ずっと投資がされるわけですからある種のバブルでもあります。しかし、緑化し続けている限りは終わらないのです。マイルドなバブルでしょうか。, 地球との戦争は人間同士の戦争と同様、様々な分野が関わってくるので、多くの雇用が生まれるでしょう。戦争ですが、今の言葉で言えば公共投資のようなものです。最終的に国民の利益になると言うことですね。, ここで日本に砂漠はないという人もいますが、それは視野が狭過ぎます。日本が率先して音頭をとる立場になれば、一気に世界での日本の立場は変わります。新しい市場をつくる立場で、イニシアティブをとるなら、砂漠が無いことなど問題ではなくなるくらい国益になるでしょう。何しろ、日本には優秀な人材と技術がありますから。そして、この対地球主義思想もあるのです。これは、これからの日本の目標になりえると私は考えています。, そして、これは同時に社会福祉の側面もあるのです。失業者を雇用する側面もありますが、働けない人や特殊な事情の人(障害を持った人など)の受け皿になる可能性があります。皆、国が軍人として雇えばいいのですから。当然、三食寝場所付です。環境は多少悪くても、少なくとも生きることはできるでしょうし、できる仕事をやってもらえばいいのです。それだけで十分益になります。また、働く場所は自分の居場所でもあるのですから、それを作る事は人間の尊厳の土台を作る事にもなるのです。むしろ、国民を守る立場だから、胸を張ってもらう事が出来るでしょう。, また、親のいない子供達を「訓練所」や「士官学校」に入れて、地球と戦う為の兵隊として育てることもできます。優秀な軍人は戦争の規模がでかくなればでかくなるほど必要になってきますから。たとえ、親がいなくてもそこで学ぶことができ、なおかつ衣食住と職も得られるのですから。多少硬い大人になるかもしれませんが、変な人間になるよりましです。卒業したら(自立できるようになったら)道を選ばせる事にすればいいですし、軍で働く事にしても良いでしょう。, また、その軍隊出身である事がステータスになる可能性もあります。昔は軍人は憧れの存在だったようですが、同じ様な事が起こるかもしれませんし、親がいないとかという理由で生じる不都合も解消される可能性があります。本人は難しくても、少なくとも社会的には。どちらにしろ、自立しなくてはならないのですから。, また、軍隊は一種の共同体ですから、面倒を見る人間が親代わりになるともいますし。そして、戦友も出来るのですから。, そして、この戦争は日本の右翼も左翼もどちらの希望もかなえることも出来るでしょう。平和と戦いが共存する事であるからです。経済が伸びればインフレ抑制で増税もあると思います。財務省は喜んでこの戦争に協力するはずです。税収が伸びれば財政も健全化するでしょうし、長い戦争になればなるほどそうなる事になります。, そして、100年も戦争すれば、三代は世代が変わるでしょうから、いつの間にか「人対人の戦争」が当たり前に「地球との戦争」に変わり、「戦争」の概念も変えることが出来るかもしれません。また、常に戦っているのですから、緊張感もあるというわけで、平和ボケも抑制される事も期待できます。, まあこれらの理由で、私は「戦争」を望んでいるという事です。まあ、理想といわれるかもしれませんが、決して出来ない事ではありません。技術はあるのですから。後は、資金とマインドだけです。. イノセンス 冤罪弁護士 動画, ヤクルト 対ロッテ, 旬彩 猪名野, Kbo 個人成績 2020, トランプタワー 内部, Nhkからのご案内です 封筒 緑, アフガニスタン侵攻 英語, ファーム 英語, 小野伸二 子供, プロスピ 石川直也 2020, くちびるに歌を 泣ける, 御影 サッカー少年団, 千葉雄大 Cm インテック, キラ メイジャー 追加戦士, ゆとりですがなにか 面白い, 常磐ソウゴ 服 ブランド, 未満警察 ブルーレイ 発売日, Zozoマリンスタジアム アクセス, ダーツライブ カード, 東 福岡 サッカー部 員数, サムスン 副会長, 内田篤人 引退 子供, 競馬 ネット購入 ゆうちょ, 千葉ロッテマリーンズ 先発, ヤクルト チケット 金券ショップ, 京都競馬場 観客, 島根県高校サッカー選手権大会 2020, インドネシアの 面積は 日本の 何 倍, 医龍2 キャスト, マイルチャンピオンシップ オッズ, ジュニアユース セレクション 2021 埼玉, モーニン 血統, 川島 嫁 麒麟, 鈴木猛大 結婚, 斬 打ち切り, ガブリエル モンスト, アメリカンバイク 種類, ダーツボード オンライン, アメリカ陸軍 装備, Real⇔fake 歌詞, ルーラーシップ 出遅れ, 中原 カップ サッカー, 大阪 4種リーグ U11, クリスタリア宝路 画像, " />
- ;����}}�1�s��K&��q�~�۰e9���=܎�e����!x�㓽5�z���k�B��+{�ٞ��Ƕ����g���}�/�-���ޏ����5�2~�)ܷaqX�!�9\V�p��L��e��Η��!��� w� �CI_�z���j;��ܢ\Փ�\O1S�N�$א�F�Z� 0000008129 00000 n x���ˮ���z��t��d��7@�\'+�Y;�#�H^���������$��.��uc{��W���O������7�O?�{|�t����7���/?�{|fL|x��ͧ+��7?��������/? 0000000724 00000 n 0000001517 00000 n

%PDF-1.4 %���� ?1H(� eч��8)R�!��}g��T$�N�a�L��q�w���x �sdXY���U�!��)P-oA�����(S^!Z^���>|(ϋ/��}5(�z��Ouq��t�Vm]�T�|��l�����޾;��öi��_��fҎ�����o������aP���I�7��N�X����j������s�����:�0�頺�(g��Ѱ=}/��iN�H"p��N�A�'��h�5�|���wxt|r�������F�]s����n�uq�V��7��J�������m}�;k�� ��۸yhG�⏩��p�.���ڐ�T:�BE[��j���Xf*d 0000005196 00000 n 7�꨺�6n��������������u˷�]3����}|�v�W~�WhͲ�xj�+�l��]�d�"��*��A�G�S���vr�]�M�/'��v�m�&nm�%��[s�� ここでは対地球主義思想の説明と、基本的人権の成り立ちを説明して行こうと思っています。固定概念、既成事実を根拠と秩序を伴って再構築しようと言う試みです。 私が見いだした「対地球主義思想」が新しいコモン・センスを我々にもたらしてくれる事でしょう。, 「戦争の経済効果」と言われるといぶかしく思う方もいるかと思いますが、現実的には戦争は特需を生みます。戦争の規模が大きければ大きいほどその経済効果は計り知れません。とても大きな需要を生むからです。これはデフレ対策にはもってこいでしょうし、戦争は主に消費が基本ですから、とても大きなパイを生むことにもなります。物資が無ければ戦争も勝てませんから。, しかし、ここには条件が付きます。「戦争の当事国でない事」ということです。当事国だったら戦費がかさみ、負けたら経済どころの騒ぎではありません。下手したら軍事占領されてしまう可能性もありますからね。社会インフラもすべて無くなってしまい、その国はしばらく立ち直れない可能性も出てきます。, さて、歴史的に戦争は経済と密接にからんでいます。古くは貧しい国が富める国に武力侵攻して、その富を奪う事も一種の経済原理ですし、富める国が周りの弱い国を軍事占領して植民地化するのも一種の経済活動です。その国の資源を奪ったり、人々を労働に使ったり、要するにパイを増やそうとする結果でもあります。, 農業は土地からの生産が利益につながりますが、国土は限られています。同じ土地に何人も相続者がいると土地が細分化されて、結果的に生産性が落ちてしまいますから、一人が相続して、他の相続者は何か別のことをするか、手伝いをするしかありません。また、大地主が現れ大規模経営化されると合理化が進む為人があぶれる結果にもなりますし、富が分配されるよりも地主に集中しがちになります。それにより、農業からはなれて別の職を得ようとして土地からはなれていく事もあります。それらの人は大体都市部に流れますが(職がありそうだから)、誰もが同じ様に考える為に人口過剰になり都市部でも仕事にあぶれれてしまうのです。都市部でもパイの大きさには限度があるからですし、都市部に流れ込む人達は大抵元手が無いからです。無いからこそ都市部に働き口を求めにいくのですから、結局収容し切れないということです。, それらの人々は大体は若い労働力であり、その有り余る力を仕事として発揮できないと、容易に社会問題化することになるので、その若い人間の行き場、職場が求められるわけです。失業者問題は昔からあるのですね。, そして、古代から大抵これらの人々は戦場に行くことを選びました。戦場には人手がいつも必要だったからです。傭兵に入る人もいれば、国家がそれらの人々を雇う場合もありました。, そこで雇用が出きていたわけですが、戦争はいつか終わります。兵士がいればいるほど終わるのも早くなるわけですが、終われば終わったで雇用が失われるわけですからまた失業する事になります。しかし、そこで失業した人間はただの人間ではなく戦争を生き抜いた戦士な訳で、戦争を指揮した側もおいそれと解雇するわけには行きません。殺されてしまう可能性があるからです。すると、解決策としてまた戦争が行なわれるという循環が続く事になります。, それが終わるのは、戦争に負けたときか、兵士の側がもうこれ以上したくないと思うときしかありません。兵士が働かなければ、戦争を指揮しようにも出来ないのですから、それは道理といえます。, アレクサンダー大王がインドに到達できなかったのも、徳川家康が秀吉の様に外国に攻めなかったのも、根本的にはこの原理が働いているのです。家康は国内において戦士(武士)を官僚化することで、働き口を確保した上で身分制度を固定化、明確化することで雇用自体を絞りこの問題を解決しました。古代ローマでは帝国化して領土が定まってくるにつれ、防衛線を守る存在として開拓民兼駐屯兵として侵略戦争を減少させ定住化することをうながしつつこの問題を解決しようとしました。そして、絶えず侵略してくる北のゲルマン民族とまた、東のオリエントの帝国と対峙しながら長い平和を作り上げました。江戸時代は別としても、絶えず、戦争が起きているのは雇用の面から見たら必要な事ではあるのです。領土を定めるという事はそのバランスを取るという意味でもあるのでしょう。, そして、この問題の根本的な要素として、平和になると人口が増える為にやしなえなくなる、故にパイを増やそうとするところにもあります。日本は日本列島で自給自足の道を選んだ為、その土地以上の人口は自然に増えない為均衡し、また間引きなどによって人工を調節しましたが、現代ではそんな事は出来ません。現代では貿易やサービスといったものでパイを広げて、雇用を創出しています。IT産業など仮想空間まで使ってパイを広げて、経済のパイを大きくしつつ成長をしているのです。金融工学が開発されたのもその流れです。現実ではない取引が行なわれるのも、仮想世界ならいくらでもパイを作れる事が出来るという価値観から導かれているのです。また、炭素税なるものもこれにあたります。, しかし、今は飽和状態になってしまいました。パイには皆が飛びつくので、すぐに食い尽くされてしまうからです。さらに、その速度が速ければ早いほどバブルが起こり、バブルは長く続きませんから、やがて崩壊しデフレが始まってしまいます。そうすると、失業者がまた出るという問題が出来てしまいます。, そして、それを解決する為に戦争と言う手段が使われることもあるのです。あるいは、革命が起こり、既存の裕福な階級から貧しい階級がのっとりを行う事でそれを納めてしまう方法がとられることもあります。パイを食べる方を少なくするというやり方で、自分達のパイを増やそうとするのですね。まあ、どちらも自分達のパイを増やそうとする考えには変わりありませんし、他者のパイを奪うという事も同じです。, 現状は世界的にデフレが進んでいるので、この原理が働く可能性が高いといえます。非常に危険な状態です。まさか戦争が起こるとは思っていなくても、そのまさかが起こってしまうのが人間の歴史でもあるのですから。これからは注意深く見守っていかなければならないでしょう。, さて、前置きはこのくらいにして(随分長いのですがw)、私はこの状態を打破する為に「戦争」をする事を提案したいと思います。, と思った方がいると思いますが、少し落ち着いて聞いて下さい。私が提案する戦争とは「人対人」の戦争ではなく「人対地球」の戦争です。, 我々人類は生まれて以来ずっと地球と戦ってきたのです。地震がきても、津波が来ても、台風が来ても、氷河期が来ても、火山が噴火しても、ずっと、この自然環境と対峙し、常に尽力してきました。, それがあるから今があるのです。もう、すでに私達人類は地球と戦争をしてきているのです。, これからはそれを意識して、もっと大掛かりに、地球規模で行う事が求められているのではないでしょうか?環境問題に関心が高くなってきましたし、地球規模で物事を考えられる人も増えてきました。もはや人類は地球に対してその様な存在になっているのです。地球の外側に出た初めての地球由来の生命体でもあるのですから。そこを自覚して、これからは意識的に積極的に地球と戦っていくべきでしょう。, もちろん、これは「戦争」です。と言う事は、雇用も生まれるという事です。歴史上もっとも大掛かりな世界大戦ですからね。, 当然、世界各国が戦争の当事国となるでしょう。しかし、この戦争では人は死にません。むしろ、助ける事、生きることにつながります。そして、当事国だからと言って儲からないという事はありません。むしろ、当事国だからこそ儲ける事もできるでしょう。参戦しない方が損するともいえます。, 技術、資本、人材をフル稼働させなければ、地球に負けてしまいます。この戦争は勝つための戦争ではなく、負けない為の自衛戦争なのです。自衛隊の本領発揮でしょう。侵略する国などどこにも無いのですし。, 砂漠は広がる一方ですし、人間が作ってきた側面もありますし、何しろ広大にあります。いまや手付かずのフロンティアでしょう。緑化された砂漠から食料が取れるでしょうし、砂漠でエネルギーを作ることもできます。太陽エネルギーを使った発電方法はいくらでもあります。マグネシウム燃料電池などは有望かもしれません。, この戦争で宇宙からはっきりと見える人工の緑(ペンキで塗った緑ではなく)を造り上げるのです。水は海水が豊富にありますし、それは循環して最終的に海に戻るでしょう。, このプロジェクトに一体何年かかるか分かりませんが、ずっと投資がされるわけですからある種のバブルでもあります。しかし、緑化し続けている限りは終わらないのです。マイルドなバブルでしょうか。, 地球との戦争は人間同士の戦争と同様、様々な分野が関わってくるので、多くの雇用が生まれるでしょう。戦争ですが、今の言葉で言えば公共投資のようなものです。最終的に国民の利益になると言うことですね。, ここで日本に砂漠はないという人もいますが、それは視野が狭過ぎます。日本が率先して音頭をとる立場になれば、一気に世界での日本の立場は変わります。新しい市場をつくる立場で、イニシアティブをとるなら、砂漠が無いことなど問題ではなくなるくらい国益になるでしょう。何しろ、日本には優秀な人材と技術がありますから。そして、この対地球主義思想もあるのです。これは、これからの日本の目標になりえると私は考えています。, そして、これは同時に社会福祉の側面もあるのです。失業者を雇用する側面もありますが、働けない人や特殊な事情の人(障害を持った人など)の受け皿になる可能性があります。皆、国が軍人として雇えばいいのですから。当然、三食寝場所付です。環境は多少悪くても、少なくとも生きることはできるでしょうし、できる仕事をやってもらえばいいのです。それだけで十分益になります。また、働く場所は自分の居場所でもあるのですから、それを作る事は人間の尊厳の土台を作る事にもなるのです。むしろ、国民を守る立場だから、胸を張ってもらう事が出来るでしょう。, また、親のいない子供達を「訓練所」や「士官学校」に入れて、地球と戦う為の兵隊として育てることもできます。優秀な軍人は戦争の規模がでかくなればでかくなるほど必要になってきますから。たとえ、親がいなくてもそこで学ぶことができ、なおかつ衣食住と職も得られるのですから。多少硬い大人になるかもしれませんが、変な人間になるよりましです。卒業したら(自立できるようになったら)道を選ばせる事にすればいいですし、軍で働く事にしても良いでしょう。, また、その軍隊出身である事がステータスになる可能性もあります。昔は軍人は憧れの存在だったようですが、同じ様な事が起こるかもしれませんし、親がいないとかという理由で生じる不都合も解消される可能性があります。本人は難しくても、少なくとも社会的には。どちらにしろ、自立しなくてはならないのですから。, また、軍隊は一種の共同体ですから、面倒を見る人間が親代わりになるともいますし。そして、戦友も出来るのですから。, そして、この戦争は日本の右翼も左翼もどちらの希望もかなえることも出来るでしょう。平和と戦いが共存する事であるからです。経済が伸びればインフレ抑制で増税もあると思います。財務省は喜んでこの戦争に協力するはずです。税収が伸びれば財政も健全化するでしょうし、長い戦争になればなるほどそうなる事になります。, そして、100年も戦争すれば、三代は世代が変わるでしょうから、いつの間にか「人対人の戦争」が当たり前に「地球との戦争」に変わり、「戦争」の概念も変えることが出来るかもしれません。また、常に戦っているのですから、緊張感もあるというわけで、平和ボケも抑制される事も期待できます。, まあこれらの理由で、私は「戦争」を望んでいるという事です。まあ、理想といわれるかもしれませんが、決して出来ない事ではありません。技術はあるのですから。後は、資金とマインドだけです。. イノセンス 冤罪弁護士 動画, ヤクルト 対ロッテ, 旬彩 猪名野, Kbo 個人成績 2020, トランプタワー 内部, Nhkからのご案内です 封筒 緑, アフガニスタン侵攻 英語, ファーム 英語, 小野伸二 子供, プロスピ 石川直也 2020, くちびるに歌を 泣ける, 御影 サッカー少年団, 千葉雄大 Cm インテック, キラ メイジャー 追加戦士, ゆとりですがなにか 面白い, 常磐ソウゴ 服 ブランド, 未満警察 ブルーレイ 発売日, Zozoマリンスタジアム アクセス, ダーツライブ カード, 東 福岡 サッカー部 員数, サムスン 副会長, 内田篤人 引退 子供, 競馬 ネット購入 ゆうちょ, 千葉ロッテマリーンズ 先発, ヤクルト チケット 金券ショップ, 京都競馬場 観客, 島根県高校サッカー選手権大会 2020, インドネシアの 面積は 日本の 何 倍, 医龍2 キャスト, マイルチャンピオンシップ オッズ, ジュニアユース セレクション 2021 埼玉, モーニン 血統, 川島 嫁 麒麟, 鈴木猛大 結婚, 斬 打ち切り, ガブリエル モンスト, アメリカンバイク 種類, ダーツボード オンライン, アメリカ陸軍 装備, Real⇔fake 歌詞, ルーラーシップ 出遅れ, 中原 カップ サッカー, 大阪 4種リーグ U11, クリスタリア宝路 画像, " />

BLOG/INFORMATION ブログ・インフォメーション

イラク戦争 経済効果

未分類

h�b```����D@��(���1�A���F��%� �B�P�B��/�u�v#ꃹ��è�C�z�C��z �F=ep������XG��v�Z��Zڎ��Q��}�)J�i�-�/�%�S��RZ/����͢����U��,�fi?K���a�C������:�l��w�z�5��. 0000004688 00000 n endstream endobj 309 0 obj <>stream

trailer << /Size 68 /Info 47 0 R /Encrypt 52 0 R /Root 51 0 R /Prev 43571 /ID[] >> startxref 0 %%EOF 51 0 obj << /Type /Catalog /Pages 48 0 R /Metadata 49 0 R /OpenAction 53 0 R /PageMode /UseNone /PageLabels 46 0 R >> endobj 52 0 obj << /Filter /Standard /R 2 /O ( �~\\�lF���\\T96 ��E��1c�y}�m�) /U (��s�Y�,O�\\��y�� �~͒\r���hvn���) /P -28 /V 1 /Length 40 >> endobj 53 0 obj << /S /GoTo /D [ 54 0 R /Fit ] >> endobj 66 0 obj << /S 154 /L 214 /Filter /FlateDecode /Length 67 0 R >> stream

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 0000008987 00000 n 50 0 obj << /Linearized 1 /O 54 /H [ 1066 297 ] /L 44699 /E 11885 /N 7 /T 43581 >> endobj xref 50 18 0000000016 00000 n �1J"���2�D9_Y#X�%A��l,�2�*�XLT(Z�x�2��:�������L��kqs5��D,ttv|�4᳟ ��8��������y�P�|^_)9��mRP����VLDz�!f�cW)l�� (����el�+�73LR��F'ÛQ��8����|s�O��߆ 3�]1���xS�n���3��pv�q�6�tn05�{�%0nq���0�]a�0�;`� e�_�2c�G(3�Pv�o�F�ʶ�d��X��,�:�`�巃e��s��`���_�|K)��q��^��F�j��ᤙ�O��=���3� #e���jʂ��������l�9�$=�L�����������OYk7yʀ�4�l����

- ;����}}�1�s��K&��q�~�۰e9���=܎�e����!x�㓽5�z���k�B��+{�ٞ��Ƕ����g���}�/�-���ޏ����5�2~�)ܷaqX�!�9\V�p��L��e��Η��!��� w� �CI_�z���j;��ܢ\Փ�\O1S�N�$א�F�Z� 0000008129 00000 n x���ˮ���z��t��d��7@�\'+�Y;�#�H^���������$��.��uc{��W���O������7�O?�{|�t����7���/?�{|fL|x��ͧ+��7?��������/? 0000000724 00000 n 0000001517 00000 n

%PDF-1.4 %���� ?1H(� eч��8)R�!��}g��T$�N�a�L��q�w���x �sdXY���U�!��)P-oA�����(S^!Z^���>|(ϋ/��}5(�z��Ouq��t�Vm]�T�|��l�����޾;��öi��_��fҎ�����o������aP���I�7��N�X����j������s�����:�0�頺�(g��Ѱ=}/��iN�H"p��N�A�'��h�5�|���wxt|r�������F�]s����n�uq�V��7��J�������m}�;k�� ��۸yhG�⏩��p�.���ڐ�T:�BE[��j���Xf*d 0000005196 00000 n 7�꨺�6n��������������u˷�]3����}|�v�W~�WhͲ�xj�+�l��]�d�"��*��A�G�S���vr�]�M�/'��v�m�&nm�%��[s�� ここでは対地球主義思想の説明と、基本的人権の成り立ちを説明して行こうと思っています。固定概念、既成事実を根拠と秩序を伴って再構築しようと言う試みです。 私が見いだした「対地球主義思想」が新しいコモン・センスを我々にもたらしてくれる事でしょう。, 「戦争の経済効果」と言われるといぶかしく思う方もいるかと思いますが、現実的には戦争は特需を生みます。戦争の規模が大きければ大きいほどその経済効果は計り知れません。とても大きな需要を生むからです。これはデフレ対策にはもってこいでしょうし、戦争は主に消費が基本ですから、とても大きなパイを生むことにもなります。物資が無ければ戦争も勝てませんから。, しかし、ここには条件が付きます。「戦争の当事国でない事」ということです。当事国だったら戦費がかさみ、負けたら経済どころの騒ぎではありません。下手したら軍事占領されてしまう可能性もありますからね。社会インフラもすべて無くなってしまい、その国はしばらく立ち直れない可能性も出てきます。, さて、歴史的に戦争は経済と密接にからんでいます。古くは貧しい国が富める国に武力侵攻して、その富を奪う事も一種の経済原理ですし、富める国が周りの弱い国を軍事占領して植民地化するのも一種の経済活動です。その国の資源を奪ったり、人々を労働に使ったり、要するにパイを増やそうとする結果でもあります。, 農業は土地からの生産が利益につながりますが、国土は限られています。同じ土地に何人も相続者がいると土地が細分化されて、結果的に生産性が落ちてしまいますから、一人が相続して、他の相続者は何か別のことをするか、手伝いをするしかありません。また、大地主が現れ大規模経営化されると合理化が進む為人があぶれる結果にもなりますし、富が分配されるよりも地主に集中しがちになります。それにより、農業からはなれて別の職を得ようとして土地からはなれていく事もあります。それらの人は大体都市部に流れますが(職がありそうだから)、誰もが同じ様に考える為に人口過剰になり都市部でも仕事にあぶれれてしまうのです。都市部でもパイの大きさには限度があるからですし、都市部に流れ込む人達は大抵元手が無いからです。無いからこそ都市部に働き口を求めにいくのですから、結局収容し切れないということです。, それらの人々は大体は若い労働力であり、その有り余る力を仕事として発揮できないと、容易に社会問題化することになるので、その若い人間の行き場、職場が求められるわけです。失業者問題は昔からあるのですね。, そして、古代から大抵これらの人々は戦場に行くことを選びました。戦場には人手がいつも必要だったからです。傭兵に入る人もいれば、国家がそれらの人々を雇う場合もありました。, そこで雇用が出きていたわけですが、戦争はいつか終わります。兵士がいればいるほど終わるのも早くなるわけですが、終われば終わったで雇用が失われるわけですからまた失業する事になります。しかし、そこで失業した人間はただの人間ではなく戦争を生き抜いた戦士な訳で、戦争を指揮した側もおいそれと解雇するわけには行きません。殺されてしまう可能性があるからです。すると、解決策としてまた戦争が行なわれるという循環が続く事になります。, それが終わるのは、戦争に負けたときか、兵士の側がもうこれ以上したくないと思うときしかありません。兵士が働かなければ、戦争を指揮しようにも出来ないのですから、それは道理といえます。, アレクサンダー大王がインドに到達できなかったのも、徳川家康が秀吉の様に外国に攻めなかったのも、根本的にはこの原理が働いているのです。家康は国内において戦士(武士)を官僚化することで、働き口を確保した上で身分制度を固定化、明確化することで雇用自体を絞りこの問題を解決しました。古代ローマでは帝国化して領土が定まってくるにつれ、防衛線を守る存在として開拓民兼駐屯兵として侵略戦争を減少させ定住化することをうながしつつこの問題を解決しようとしました。そして、絶えず侵略してくる北のゲルマン民族とまた、東のオリエントの帝国と対峙しながら長い平和を作り上げました。江戸時代は別としても、絶えず、戦争が起きているのは雇用の面から見たら必要な事ではあるのです。領土を定めるという事はそのバランスを取るという意味でもあるのでしょう。, そして、この問題の根本的な要素として、平和になると人口が増える為にやしなえなくなる、故にパイを増やそうとするところにもあります。日本は日本列島で自給自足の道を選んだ為、その土地以上の人口は自然に増えない為均衡し、また間引きなどによって人工を調節しましたが、現代ではそんな事は出来ません。現代では貿易やサービスといったものでパイを広げて、雇用を創出しています。IT産業など仮想空間まで使ってパイを広げて、経済のパイを大きくしつつ成長をしているのです。金融工学が開発されたのもその流れです。現実ではない取引が行なわれるのも、仮想世界ならいくらでもパイを作れる事が出来るという価値観から導かれているのです。また、炭素税なるものもこれにあたります。, しかし、今は飽和状態になってしまいました。パイには皆が飛びつくので、すぐに食い尽くされてしまうからです。さらに、その速度が速ければ早いほどバブルが起こり、バブルは長く続きませんから、やがて崩壊しデフレが始まってしまいます。そうすると、失業者がまた出るという問題が出来てしまいます。, そして、それを解決する為に戦争と言う手段が使われることもあるのです。あるいは、革命が起こり、既存の裕福な階級から貧しい階級がのっとりを行う事でそれを納めてしまう方法がとられることもあります。パイを食べる方を少なくするというやり方で、自分達のパイを増やそうとするのですね。まあ、どちらも自分達のパイを増やそうとする考えには変わりありませんし、他者のパイを奪うという事も同じです。, 現状は世界的にデフレが進んでいるので、この原理が働く可能性が高いといえます。非常に危険な状態です。まさか戦争が起こるとは思っていなくても、そのまさかが起こってしまうのが人間の歴史でもあるのですから。これからは注意深く見守っていかなければならないでしょう。, さて、前置きはこのくらいにして(随分長いのですがw)、私はこの状態を打破する為に「戦争」をする事を提案したいと思います。, と思った方がいると思いますが、少し落ち着いて聞いて下さい。私が提案する戦争とは「人対人」の戦争ではなく「人対地球」の戦争です。, 我々人類は生まれて以来ずっと地球と戦ってきたのです。地震がきても、津波が来ても、台風が来ても、氷河期が来ても、火山が噴火しても、ずっと、この自然環境と対峙し、常に尽力してきました。, それがあるから今があるのです。もう、すでに私達人類は地球と戦争をしてきているのです。, これからはそれを意識して、もっと大掛かりに、地球規模で行う事が求められているのではないでしょうか?環境問題に関心が高くなってきましたし、地球規模で物事を考えられる人も増えてきました。もはや人類は地球に対してその様な存在になっているのです。地球の外側に出た初めての地球由来の生命体でもあるのですから。そこを自覚して、これからは意識的に積極的に地球と戦っていくべきでしょう。, もちろん、これは「戦争」です。と言う事は、雇用も生まれるという事です。歴史上もっとも大掛かりな世界大戦ですからね。, 当然、世界各国が戦争の当事国となるでしょう。しかし、この戦争では人は死にません。むしろ、助ける事、生きることにつながります。そして、当事国だからと言って儲からないという事はありません。むしろ、当事国だからこそ儲ける事もできるでしょう。参戦しない方が損するともいえます。, 技術、資本、人材をフル稼働させなければ、地球に負けてしまいます。この戦争は勝つための戦争ではなく、負けない為の自衛戦争なのです。自衛隊の本領発揮でしょう。侵略する国などどこにも無いのですし。, 砂漠は広がる一方ですし、人間が作ってきた側面もありますし、何しろ広大にあります。いまや手付かずのフロンティアでしょう。緑化された砂漠から食料が取れるでしょうし、砂漠でエネルギーを作ることもできます。太陽エネルギーを使った発電方法はいくらでもあります。マグネシウム燃料電池などは有望かもしれません。, この戦争で宇宙からはっきりと見える人工の緑(ペンキで塗った緑ではなく)を造り上げるのです。水は海水が豊富にありますし、それは循環して最終的に海に戻るでしょう。, このプロジェクトに一体何年かかるか分かりませんが、ずっと投資がされるわけですからある種のバブルでもあります。しかし、緑化し続けている限りは終わらないのです。マイルドなバブルでしょうか。, 地球との戦争は人間同士の戦争と同様、様々な分野が関わってくるので、多くの雇用が生まれるでしょう。戦争ですが、今の言葉で言えば公共投資のようなものです。最終的に国民の利益になると言うことですね。, ここで日本に砂漠はないという人もいますが、それは視野が狭過ぎます。日本が率先して音頭をとる立場になれば、一気に世界での日本の立場は変わります。新しい市場をつくる立場で、イニシアティブをとるなら、砂漠が無いことなど問題ではなくなるくらい国益になるでしょう。何しろ、日本には優秀な人材と技術がありますから。そして、この対地球主義思想もあるのです。これは、これからの日本の目標になりえると私は考えています。, そして、これは同時に社会福祉の側面もあるのです。失業者を雇用する側面もありますが、働けない人や特殊な事情の人(障害を持った人など)の受け皿になる可能性があります。皆、国が軍人として雇えばいいのですから。当然、三食寝場所付です。環境は多少悪くても、少なくとも生きることはできるでしょうし、できる仕事をやってもらえばいいのです。それだけで十分益になります。また、働く場所は自分の居場所でもあるのですから、それを作る事は人間の尊厳の土台を作る事にもなるのです。むしろ、国民を守る立場だから、胸を張ってもらう事が出来るでしょう。, また、親のいない子供達を「訓練所」や「士官学校」に入れて、地球と戦う為の兵隊として育てることもできます。優秀な軍人は戦争の規模がでかくなればでかくなるほど必要になってきますから。たとえ、親がいなくてもそこで学ぶことができ、なおかつ衣食住と職も得られるのですから。多少硬い大人になるかもしれませんが、変な人間になるよりましです。卒業したら(自立できるようになったら)道を選ばせる事にすればいいですし、軍で働く事にしても良いでしょう。, また、その軍隊出身である事がステータスになる可能性もあります。昔は軍人は憧れの存在だったようですが、同じ様な事が起こるかもしれませんし、親がいないとかという理由で生じる不都合も解消される可能性があります。本人は難しくても、少なくとも社会的には。どちらにしろ、自立しなくてはならないのですから。, また、軍隊は一種の共同体ですから、面倒を見る人間が親代わりになるともいますし。そして、戦友も出来るのですから。, そして、この戦争は日本の右翼も左翼もどちらの希望もかなえることも出来るでしょう。平和と戦いが共存する事であるからです。経済が伸びればインフレ抑制で増税もあると思います。財務省は喜んでこの戦争に協力するはずです。税収が伸びれば財政も健全化するでしょうし、長い戦争になればなるほどそうなる事になります。, そして、100年も戦争すれば、三代は世代が変わるでしょうから、いつの間にか「人対人の戦争」が当たり前に「地球との戦争」に変わり、「戦争」の概念も変えることが出来るかもしれません。また、常に戦っているのですから、緊張感もあるというわけで、平和ボケも抑制される事も期待できます。, まあこれらの理由で、私は「戦争」を望んでいるという事です。まあ、理想といわれるかもしれませんが、決して出来ない事ではありません。技術はあるのですから。後は、資金とマインドだけです。.

イノセンス 冤罪弁護士 動画, ヤクルト 対ロッテ, 旬彩 猪名野, Kbo 個人成績 2020, トランプタワー 内部, Nhkからのご案内です 封筒 緑, アフガニスタン侵攻 英語, ファーム 英語, 小野伸二 子供, プロスピ 石川直也 2020, くちびるに歌を 泣ける, 御影 サッカー少年団, 千葉雄大 Cm インテック, キラ メイジャー 追加戦士, ゆとりですがなにか 面白い, 常磐ソウゴ 服 ブランド, 未満警察 ブルーレイ 発売日, Zozoマリンスタジアム アクセス, ダーツライブ カード, 東 福岡 サッカー部 員数, サムスン 副会長, 内田篤人 引退 子供, 競馬 ネット購入 ゆうちょ, 千葉ロッテマリーンズ 先発, ヤクルト チケット 金券ショップ, 京都競馬場 観客, 島根県高校サッカー選手権大会 2020, インドネシアの 面積は 日本の 何 倍, 医龍2 キャスト, マイルチャンピオンシップ オッズ, ジュニアユース セレクション 2021 埼玉, モーニン 血統, 川島 嫁 麒麟, 鈴木猛大 結婚, 斬 打ち切り, ガブリエル モンスト, アメリカンバイク 種類, ダーツボード オンライン, アメリカ陸軍 装備, Real⇔fake 歌詞, ルーラーシップ 出遅れ, 中原 カップ サッカー, 大阪 4種リーグ U11, クリスタリア宝路 画像,

一覧に戻る